スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4AGエンジン

4AGEは、トヨタ自動車に搭載されていたツインカム16バルブエンジンです。

はじめて搭載されたのは1983年5月から発売されたカローラレビン・スプリンタートレノに積まれていました。

それまではライトウェイトスポーツカーに搭載されていたツインカムエンジン2TGEUは
同じ直列4気筒1600ccですがエンジン本体の大きさも4AGに比べると大きく重かった。

この2T-GEUの後継として開発されたのが4A-GEです。

それまで2TGEUも他車種部品の流用や大幅なボアアップができたりとチューニングの度合いが高かったため大変人気のあるエンジンでしたが、度重なる自動車排出ガス規制で対策されてからは初期エンジンよりもパワーダウンしてしまいました。

4AGEUはもともとトヨタの小型車に搭載されていた1500ccの3AUとうシングルカムエンジンがベースになっていて排気量アップとヘッドをシングルカムのSOHCからツインカムのDOHCに変更したものです。
スポンサーサイト

テーマ : トヨタ(TOYOTA) - ジャンル : 車・バイク

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。